利尻ヘアカラートリートメントは濡れた髪・乾いた髪のどっちに塗るべき?

利尻ヘアカラートリートメントを乾いた髪・濡れた髪のどちらに塗るべきかパソコンで調べている女性

利尻ヘアカラートリートメントは、濡れた髪・乾いた髪のどちらでも使用できますが、

  • 使い始めの2~3回は乾いた髪に塗る
  • 白髪がキチンと染まった後は濡れた髪に塗る

のが色々試して一番いい使い方だなぁと思いました。

公式サイトでは基本的に濡れた髪に使用して「乾いた髪でもOK」と書かれていますが、乾いた髪に塗ったほうが染まり具合がよくなります。

今回は、濡れた髪・乾いた髪と染める髪の状況を変えると「染色力・補修力・使用量」にどんな違いがあるのか、メリットとデメリットを合わせて紹介していきます。

 

\\利尻ヘアカラートリートメント全4色で染めた画像を掲載しています//

【専門】利尻ヘアカラートリートメント全4色で染めた口コミ体験談!

利尻ヘアカラートリートメントを乾いた髪に塗ると「染色力」がグンと上がる!

利尻ヘアカラートリートメントを乾いた髪に塗ると、濡れた髪に塗ったときと比べて「染色力」がグンと上がります。

1回でより濃く染まるようになるので、白髪が伸びた状態で使うときは「乾いた髪」に塗ることをオススメします。

よく染まるようになる理由は、水で濡れていないのでカラー液が薄まらずに、よく染料が髪表面に吸着するようになるからです。

白髪染めトリートメントは髪をこじあけて内部を染める染毛剤とは違って、表面に髪専用の絵の具を塗るようなものです。

絵の具を水で薄めたら色が淡くなるのと同じで、利尻ヘアカラーも水分量が少ない髪に染めたほうが染まり具合がよくなります。

利尻ヘアカラートリートメントを濡れた髪に塗ると「補修力」がアップして美容成分が浸透しやすい!

乾いた髪に塗るとよく染まるようになりますが、濡れた髪に塗ると「補修力・潤い力」が高くなります。

髪は濡れると表面のキューティクルに隙間ができる構造をしているので、空いた隙間から美容成分が浸透しやすくなるからです。

利尻ヘアカラートリートメントは髪を染めながら美髪ケアができる商品なので、中身をケチらずに頻繁に染めるなら濡れた髪に塗ったほうがいいですね。

 

また、濡れた髪に塗るメリットは補修力以外にも

  • 水でトリートメントが薄まるので使用量が少なくなる
  • 水で伸びがよくなるため塗りやすくなる(塗りムラができにくくなる)

などがあって、乾いた状態で塗るのと比べると「コスパUP+塗るのが簡単」と使い勝手がよくなります。

使い始めは乾いた髪に塗って、一度染まったら濡れた髪に塗るのがオススメ!

利尻ヘアカラートリートメントは「乾いた状態」「長く時間を置く」「温める」の3点を行うことで、より濃く染まるようになります。

そのため、使い始めは白髪をしっかり染めるために「乾いた髪に2~3日連続で使用する(置き時間長め)」ことをお勧めします。

そして2~3日染めて色が入った後は、濡れた髪に塗って「色落ちした分を足す」「補修ケア」を行っていきましょう。

 

一度白髪が染まれば、後は日常生活で色落ちした分を足すイメージで染めていけばいいので、週1ぐらいの間隔で染めるなら濡れた髪に塗ったほうが利点が多くなりますよ。

ただし「2週間に1回ぐらいしか染めたくない場合」は、新しく生えてくる白髪が結構伸びた状態で染めることになるので、日にちを空けて染めるなら乾いた髪に塗ってしっかり染めるほうがいいですね。

 

利尻ヘアカラートリートメントは濡れた髪・乾いた髪のどちらにでも使用できて、それぞれ長所と短所があります。

髪の伸び具合・染める頻度などの状況に合わせて使い分けると、より綺麗に白髪染めできますよ^^