【写真】利尻ヘアカラートリートメントとルプルプ・マイナチュレ比較!

利尻ヘアカラートリートメント ルプルプ マイナチュレ 比較

私が愛用している利尻ヘアカラートリートメントと、ライバル的位置づけであるルプルプ、そして新商品のマイナチュレを徹底比較してみました。

全色購入して人毛毛束に染めたので、染まった色味を見ながら比較していきます。

実験するために統一しました

実際に染めて色を比較するために、各商品を全て同じ状況で染めました。

  • 乾いた髪に塗る
  • 放置時間は30分
  • 1回だけ染める

白髪染めトリートメントの公式サイトでは「濡れた髪に塗る・放置時間10分」とよく書かれていますが、より濃く染めるには乾いた髪に塗って置き時間を伸ばすのが重要です。

そのため、今回は乾いた髪に30分置いてから流して、1回だけ染めた状態で色味を比較していきます。

\\購入した利尻ヘアカラートリートメント全4色で染めた画像を掲載しています//

【専門】利尻ヘアカラートリートメント全4色で染めた口コミ体験談!

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント 利尻カラーシャンプー 全色

利尻ヘアカラートリートメント ブラック ダークブラウン ナチュラルブラウン ライトブラウン

利尻ヘアカラートリートメント全4色で染めてみました。

左から「ブラック・ダークブラウン・ナチュラルブラウン・ライトブラウン」と並んでいます。

 

30分置いて染めるとほぼ100%色が入るので、かなり濃い仕上がりになっています。

色の暗さは左から暗い順になっていて、右のライトブラウンが一番明るい色です。

 

ブラックは日本人の地毛の暗さと同じぐらいの黒色で、ダークブラウンは黒に近い焦げ茶色です。

ナチュラルブラウンは黄みを感じられる茶色で、ライトブラウンはかなり赤みが強いオレンジブラウンに染まっています。

ルプルプ

lplp ルプルプ 白髪染めトリートメント

ルプルプ ソフトブラック ダークブラウン ブラウン モカブラウン

続いてはルプルプの全4色を染めてみました。

左から「ソフトブラック・モカブラウン・ダークブラウン・ブラウン」と並んでいます。

ルプルプのソフトブラックは名前の通り真っ黒ではない黒に染まる色で、少し淡い印象を受けます。

ソフトブラックの次に濃い色は「ダークブラウン」で、公式サイトにはモカブラウンのほうが暗く染まると書いてありましたが、染めてみるとダークブラウンのほうが暗い仕上がりになりました。

ソフトブラックとダークブラウンの色味はほとんど同じですね。置き時間を長くすると違いは殆ど出なくなります。

左から2番目のモカブラウンは、そこまで暗くない自然な焦げ茶色に染まります。

一番右側のブラウンはかなりオレンジ感のある明るい茶色に染まりました。これぞブラウンという感じですね。

マイナチュレ

マイナチュレ カラートリートメント

マイナチュレ ダークブラウン ブラウン

マイナチュレは2色展開になるので、左のダークブラウンと右のブラウンしかありません。

ダークブラウンは利尻とルプルプのダークブラウンと殆ど同じ色で、黒に近い焦げ茶色になります。

ブラウンはダークブラウンから青味を減らしたような、ほどよく赤味が感じられる落ち着いた茶色に染まりました。

マイナチュレには黒色と明るい茶色に染まるカラーが販売されていないので、色の選択肢が少なくなっています。(暗めの焦げ茶か明るめの焦げ茶)

3つの白髪染めトリートメントで染めた毛束を徹底比較

利尻ヘアカラートリートメント ルプルプ マイナチュレ 比較

隙間が寂しかったので飼い猫の画像を差し込んでありますが気にしないでください^^w

各3商品の全カラーで染めたものを1枚の画像にまとめました。

左上が利尻ヘアカラートリートメント、右上がルプルプ、右下がマイナチュレ、左下がぬこし(猫)です。

 

こうして比較してみると、3商品とも評価が高い白髪染めトリートメントなので、どのカラーも白髪はしっかり染まっていますね。

特に利尻ヘアカラートリートメントとルプルプは色が似ていて、利尻が濃いめでルプルプが少し淡めになっています。

マイナチュレは2色しかないので比較しにくいですが、ダークブラウンに染まる2色が展開されているので、暗め or 明るめの焦げ茶どちらにしようか選択しやすいと思いました。

 

3商品を比較して思ったのが、

  • 一番濃く染まるのは利尻ヘアカラートリートメント
  • ルプルプは少し濁りのある色味をしている
  • ルプルプのダークブラウンとマイナチュレのダークブラウンは殆ど一緒の色
  • ルプルプのモカブラウンとマイナチュレのブラウンは殆ど一緒の色

ということです。

よく染まる白髪染めトリートメントが欲しい方は利尻を選んだらいいし、少し濁っていて淡い印象の色が好きならルプルプを使ってみましょう。

マイナチュレは2色しかないので気に入った色があればアリなんじゃないかと思います。

⇒利尻ヘアカラートリートメント公式サイト

⇒ルプルプ公式サイト

⇒マイナチュレ公式サイト

利尻・ルプルプ・マイナチュレの料金・匂い・刺激などを比較

商品名 初回料金 通常料金 匂い 刺激
利尻 2,160円 3,240円 なし なし
ルプルプ 1,980円 3,240円 ある 少し
マイナチュレ 3,000円
(定期便)
3,380円
(定期便)
ある なし

ここまでは各カラーの染まり具合を見ながら比較してきましたが、次は色以外の項目をまとめてみました。

料金

重要なポイントである料金・値段に関しては、利尻とルプルプは初回購入時に割引になるキャンペーンが実施されています。

初めて買う場合は公式サイトで1,000円以上安くなるので、試してみようかなと最初買うときに安くなるのは有り難いですね。

マイナチュレは定期便でも3,000円しますし、定期便じゃない単品購入だと「3,980円」と1,000円高くなってしまうので、買いやすいとは正直言えません。

匂い

利尻ヘアカラートリートメントは香料が入っていないのでほぼ無臭です。匂いがしないので好き嫌い関係なしなのが嬉しいです。

ルプルプは香料にラベンダー・オレンジ・ローズマリーの3種類が配合されていて、私は嫌いな匂いではありませんが人によって嫌いな匂いかもしれません。

精油の種類だけをみるといい匂いがしそうな感じがするのですが、嗅いでみると「なんの匂いだろう…?」と妙な香りがします。

マイナチュレはラベンダーの香りがします。臭くないけど少し強めという感じです。

マイナチュレはルプルプとは違って嫌な香りではないので、ラベンダーの匂いが嫌いじゃないからアリだと思いますよ。

刺激

利尻ヘアカラートリートメントとマイナチュレは全く刺激を感じませんでした。

ルプルプは少しかゆく感じたので、原因を調べてみると「弱アルカリ性」で作られていることが分かりました。

通常のヘアカラー剤はアルカリ性なのでかゆみ・刺激を感じてしまいます。

私たちの肌は弱酸性なので、なるべく弱酸性もしくは中性のヘアカラー剤のほうがカラダに優しいのです。

利尻とマイナチュレは中性ですが、ルプルプだけアルカリ性なので刺激を感じたのだと思います。

といっても肌荒れするほどの刺激があったわけではないので、敏感肌・アトピー肌じゃないからそこまで気にしなくてもいいレベルでした。

3商品を比較してみて思ったことまとめ

利尻ヘアカラートリートメント ルプルプ マイナチュレ 比較

利尻ヘアカラートリートメント、ルプルプ、マイナチュレはどの商品も綺麗に白髪が染まります。

なので、単純に好きな色があればその商品を使うのがいいんじゃないでしょうか。

 

ただし、マイナチュレは初回料金が安くならないですし、定期コースじゃない単品購入だとすごく割高になってしまいます。

利尻・ルプルプなら定期便じゃなくても1本2,000円前後なのに対して、マイナチュレだと4,000円と2倍しますからね(汗)

 

一番白髪を染める力が強いのは利尻ヘアカラートリートメントですが、ルプルプもマイナチュレも放置時間を長めにすれば、白髪はきっちり染まります。

匂いや刺激など色以外の項目も重要なので、自分のお財布事情や肌状態を考えて、満足できる商品を選びましょう。

一言まとめ
  • 利尻、ルプルプ、マイナチュレはどれも「買い」の優秀な白髪染め用品
  • 白髪染めとしての力、使いやすさ、安全性を考えると利尻が一番いい
  • ルプルプは匂いがあっても大丈夫な人・肌が弱くない人ならアリ
  • マイナチュレは好きな色があってお金に余裕があればアリ

⇒利尻ヘアカラートリートメント公式サイト

⇒ルプルプ公式サイト

⇒マイナチュレ公式サイト