利尻ヘアカラートリートメントの使用量・時間・回数・染まり具合レビュー!

利尻ヘアカラートリートメントについてよくある質問のうち、

  • どの色で染めたらどんな色に仕上がるの?白髪はちゃんと染まる?(染まり具合)
  • 置き時間は何分がいいの?時間を変えるとどうなるの?(時間)
  • 何回染めれば綺麗に染まるの?(回数)
  • どれくらい塗ればいいの?(使用量)
  • どれくらいの頻度・間隔で染めればいいの?(頻度)

このような実際に染めないと分からない疑問に答えてみました。

私は長年利尻ヘアカラートリートメントを愛用しているので、今まで使ってきて分かったことを交えながら解説していきます。

また、分かりやすいように毛束に染めて比較した画像を載せているので、購入前の参考になれば幸いです。

 

\\購入した利尻ヘアカラートリートメント全4色で染めた画像を掲載しています//

【専門】利尻ヘアカラートリートメント全4色で染めた口コミ体験談!

利尻ヘアカラートリートメントの染まり具合・放置時間による差

利尻ヘアカラートリートメントの染まり具合は、塗った後の置き時間・放置時間の長さによって差がでます。

よく分かるように、10分間・30分間の2パターンで染めた毛束で比較してみました。

 

利尻ヘアカラートリートメント 全色 10分間染めた毛束

まずこちらが塗った後に10分間置いて染めた毛束です。

左からブラック・ダークブラウン・ナチュラルブラウン・ライトブラウンと並んでいます。

 

利尻ヘアカラートリートメント 全色 30分間染めた毛束

続いてこちらが30分間染めた毛束です。

色の並びは上と同じですが、パッと見るだけでも色の出方に違いがあります。

 

利尻ヘアカラートリートメント 置き時間の差

こちらは上の列が10分染めで、下の列が30分染めと並べて比較したものです。

 

左2つのブラックとダークブラウンは元々暗い色に染まるカラーなので、さほど置き時間による染まり具合に差は出ていません。

しかし、右2つのナチュラルブラウンとライトブラウンは、10分染めの毛束のほうが色味が鮮やかで各カラーの特徴が分かりやすくなっています。

置き時間を長くすると色が濃く入るので明度が下がるため、鮮やかさも下がって色味が分かりにくくなります。

 

ただ、30分染めでも毎日の紫外線やシャンプー・ドライヤーなどの影響で色落ちするので、日が経てば10分染めの色のようになっていきます。

また、放置時間が長い方が「白髪がしっかり染まる・次染めるまでの間に白髪が光りにくい」といったメリットがあるので、置き時間を増やすのも十分アリだと思っています。

利尻ヘアカラートリートメントの染める回数

利尻ヘアカラートリートメント 全色 10分間染めた毛束

利尻ヘアカラートリートメントは髪が細くて染まりやすい方の場合だと1回染めただけでしっかり白髪が隠れます。

イメージとしては、10分間染めた毛束と同じような染まり具合になりますよ。

 

ただし、毛束よりも私たちの頭髪に使用するほうが頭皮の汚れがついていたりして染まりにくくなっています。

1回の毛染めでしっかり白髪を隠すには、塗った後の置き時間を30分ほど作るようにしましょう。

 

公式サイトでは10分間置くと書かれていますが、染めはじめの白髪が染まっていない状態で使用する場合は長くおいたほうが絶対にいいです。

長く時間を置いても髪が痛んでしまう成分などは入っていないので、遠慮せずに30分置くことをオススメします。(頭皮についた色もちゃんと取れるので心配いりません)

 

また、髪質が太くて硬いような、染まりにくい髪質の場合だと2~3回染めることで上の画像のような染まり具合になります。

自分の髪が染まりにくいと感じている方は、使い始めは2~3日連続で染めるようにして、置き時間を30分程度にしましょう。

利尻ヘアカラートリートメントは他の白髪染めトリートメントよりも染まりがいいので、染まりにくい方でも満足いく仕上がりになりますよ。

利尻ヘアカラートリートメントの1回あたりに塗る使用量(目安)

利尻ヘアカラートリートメント 使用量

1回の毛染めに使う使用量についてですが、上の画像のように染めムラができないようにたっぷり塗りましょう。

 

髪質にもよりますが、シャンプー後の濡れた髪に塗るのであれば

【1回分=手のひらに乗せたときに500円玉大になる量】

  • ショートヘアー ⇒ 約3回分
  • ミディアムヘアー ⇒ 約6回分
  • ロングヘアー ⇒ 約9回分

これぐらいの使用量で十分です。

乾いた髪に塗る場合は水分がなくてトリートメントの伸びが悪くなるので、1回の使用量は増えることになります。

 

また、髪にまんべんなく塗布した後は、置き時間をおく前にクシやコームで梳かすようにしましょう。

余分についたカラー液を髪全体に均一に伸ばせるので、使用量を少なくできますし、染めムラを防ぐこともできます。

 

利尻ヘアカラートリートメントは1本200g入っているので、髪の長さや塗る頻度にもよりますが、週1回使うなら1ヶ月半~2ヶ月分は持ちますよ。

利尻ヘアカラートリートメントの染める頻度

染める頻度 間隔 カレンダー

利尻ヘアカラートリートメントは1回のカラーでしっかり色が入るので、一度白髪を十分染めた後は下記のような使い方をしましょう。

  • 一番短い間隔でも週1回程度にとどめる
  • 色が落ちてきたと感じたら染め直す
  • 新しく生えてきた白髪がある程度伸びたら染める

 

使っている色によっても染める頻度は変わりますが、色の濃いブラックやダークブラウンの場合は、2週間に1度染めるぐらいで丁度いいと思います。

ナチュラルブラウンやライトブラウンを使う場合は、週1の間隔で染めると綺麗な色が維持できますよ。

 

髪を染める間隔で大事なのは、自分が満足できる仕上がりを維持するためにはどれくらいで染め直すかということです。

2週間もすれば新しく生えてきた白髪が目立つようになるので、色落ちと生えてきた白髪を両方考慮すると、1~2週間に1度ぐらいは染めたほうがキレイを維持できますよ。