【写真で選ぶ】利尻ヘアカラートリートメントのおすすめ人気色は?

利尻ヘアカラートリートメント 利尻カラーシャンプー 全色

利尻ヘアカラートリートメントには

  • ブラック
  • ダークブラウン
  • ナチュラルブラウン
  • ライトブラウン

の4色が販売されていますが、個人的に一番使い勝手のいい色は「ダークブラウン」だと思っています。

今回は利尻ヘアカラートリートメントのおすすめ人気色を、実際に白髪に染めた画像で比較しながら紹介していきます。

最初は全てのカラーで染めた髪を見てもらってから、おすすめ色のダークブラウンについてお話しします。

 

\\購入した利尻ヘアカラートリートメント全4色で染めた画像を掲載しています//

【専門】利尻ヘアカラートリートメント全4色で染めた口コミ体験談!

利尻ヘアカラートリートメント全4色で染めた毛束をまず見てください。

人毛白髪 毛束 100%

利尻ヘアカラートリートメントの染まり具合・色味を分かりやすくするために、100%人毛の白髪毛束に全4色を染めました。

 

利尻ヘアカラートリートメント 全色 10分間染めた毛束

利尻ヘアカラートリートメント 全色 30分間染めた毛束

放置時間と髪の水分量によって染まり具合が変わるので、あえて2パターンで染めました。

色の並び順は左から

  • ブラック
  • ダークブラウン
  • ナチュラルブラウン
  • ライトブラウン

となっていて、上の画像が「濡れた髪に塗って10分間染めた毛束」で、下の画像は「乾いた髪に塗って30分間染めた毛束」です。

どちらも白髪の染まりはしっかりしていますが、下の30分染めた毛束は色がかなり濃く入っているので、床置きで光が入らないと暗く見えます。

上の10分染めた毛束のほうが各カラーの色彩が分かりやすいですね。

 

利尻ヘアカラートリートメント ブラック

ここからは個別に各色で染めた毛束をアップにして見ていきます。(上が10分染め・下が30分染め)

こちらはブラックで染めたもので、1回の白髪染めでも十分すぎるほど黒く染まっています。

利尻ヘアカラートリートメントのブラックは、青味が強くて地毛の黒レベルでかなり濃く染まるのが特徴です。

黒染めのように白髪だけを地毛と同じように真っ黒にしたい方にはオススメできる色ですね。

 

利尻ヘアカラートリートメント 写真でみると暗く見えるので彩度を上げたバージョン ダークブラウン

続いてはダークブラウンです。ほどよく青味と赤味が混じった焦げ茶色に染まっています。

ダークブラウンは黒ほど真っ黒ではないけど、他の色よりも暗く染まるので、黒髪との馴染みもよくて色落ちにも強い便利な色です。

後で個別に紹介しますが、ダークブラウンは一番の人気色で、私自身もオススメしている優れたカラーですよ。

 

利尻ヘアカラートリートメント ナチュラルブラウン

続いてはナチュラルブラウンです。ダークブラウンの色から暗さを取り除いて、明るめの茶色のような色に染まります。

ナチュラルブラウンは利尻ヘアカラートリートメントの中でも一番自然な茶色に染まるカラーで、白髪を染めたいけどそこまで暗くしたくない方にオススメできます。

明るい分色落ち・退色が若干早めですが、週1程度の頻度で定期的に染めるなら何も問題はありません。(色落ちした分は次のカラーで補える)

 

利尻ヘアカラートリートメント ライトブラウン

最後はライトブラウンです。かなり赤味が強いオレンジブラウンのような色に染まります。

1個前で紹介したナチュラルブラウンが黄味を感じさせる茶色とすれば、ライトブラウンはがっつり赤味が出る茶色です。

ナチュラルブラウンもライトブラウンも利尻ヘアカラーの中では明るめに染まる色ですが、色味が全然違いますね。

ライトブラウンで染めると若干派手さがあって、白髪の量によってはかなり明るく感じます。

髪色の印象は明るく元気になるので、落ち着きよりもアクティブな印象を人に与える色ですね。

といっても、放置時間を長くすればだいぶ落ち着いた色彩になるので、十分普段使いできる綺麗な色ですよ。

利尻ヘアカラートリートメントのおすすめ人気色がダークブラウンな理由

利尻ヘアカラートリートメント 写真でみると暗く見えるので彩度を上げたバージョン ダークブラウン

冒頭でお話ししたように、一番よく売れている人気色はダークブラウンで、私がオススメしたい色もダークブラウンです。

ダークブラウンはブラックよりも明るくて、ナチュラルブラウンやライトブラウンよりも暗い色に染まる丁度中間のカラーです。

赤味を少し感じる暗めの焦げ茶色に染まる色で、上品さを保ちつつも白髪をしっかり染めてくれるので使い勝手がいいんですよね。

 

また、他にもオススメできる理由があって、

  • しっかり濃く染まるので退色が遅い(次染めるまで綺麗な色を維持できる)
  • 色落ちしてきて白髪が光ってしまう状態を防げる(他の色は光までが少し早い)
  • 光に当たると茶色に見えるけど室内だとそれほど明るさはないので丁度いい

このように「白髪を染める力・退色したときに光りにくい・ちょうどいい明暗さ」を合わせ持った素敵な色になっています。

 

ダークブラウンが一番よく売れているのは、「黒にはしたくないけど白髪はきっちり染めたい」という方が多いので、ちょうど黒と明るい茶色の中間色がこの色だからかなと思います。

しかし、実際に自分の頭に使用してみると、染めてから日が経っても綺麗な色が持続しやすいので、やっぱりよく売れるのには根拠があるんだなぁと思っています。

利尻ヘアカラートリートメントの色選びまとめ

利尻ヘアカラートリートメント 全色 10分間染めた毛束

  • ブラック ⇒ 白髪を染めるだけで髪色は特に変えたくない人
  • ダークブラウン ⇒ しっかり白髪が染まって色落ちに強い色にしたい人
  • ナチュラルブラウン ⇒ ほどよく明るくて黄味を感じる茶色にしたい人
  • ライトブラウン ⇒ 赤味があるオレンジっぽい茶色が好きな人

利尻ヘアカラートリートメントは、どんな色を使用しても白髪はしっかり染まります。

けれど染めてから日が経って色落ちすると、染めた色によって見えてくる色に違いが出てきます。(どのメーカーの白髪染めでも同じ)

そのため、退色して見えてくる色が変わることを考慮して色選びすると失敗しにくいですよ。

 

「どの色もよさそうで迷ってしまうなぁ…」という方は、おすすめ人気色のダークブラウンを選んでみてはいかがでしょうか^^