【写真】利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウンで染めてみた!

利尻ヘアカラートリートメント ダークブラウン

利尻ヘアカラトリートメントのダークブラウンは染料が濃くて「色落ち・退色」に強く、染まりやすさと色持ちがいいオススメカラーです。

インターネットで口コミ検索していると、一番利用ユーザーが多いのもダークブラウンでした。

白髪染めで一番重要なのは「白髪がしっかり染まること」なので、黒ではないけど濃く染まるダークブラウンが人気なのかなと思います。

今回はそんなダークブラウンを人毛白髪に染めてみて、どんな色に仕上がったのか見てもらおうと思います。

 

\\購入した利尻ヘアカラートリートメント全4色で染めた画像を掲載しています//

【専門】利尻ヘアカラートリートメント全4色で染めた口コミ体験談!

利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウンで染めてみた

利尻ヘアカラートリートメント ダークブラウン

利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウンを100%人毛の白髪毛束に染めてみました。

  • 上の毛束 ⇒ 濡れた状態で10分置いて染めたもの
  • 下の毛束 ⇒ 乾いた状態で30分置いて染めたもの

利尻ヘアカラートリートメントは、髪の状態と放置時間で染まり具合が変わるので2パターンで実験してみました。

 

利尻ヘアカラートリートメント 写真でみると暗く見えるので彩度を上げたバージョン ダークブラウン

写真で見ると、平置き状態で毛束の下から光が差し込まずに暗く見えてしまうため、目で見える状態に近くなるように画像の彩度を上げてみました。

あまり変わっていませんが、少し茶色っぽさが増しています。目で直に見るとこのような仕上がりになっています。

 

利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウンは、ブラックよりは明るいけど他の色よりは暗い色で、黒髪に自然に馴染むような落ち着きのある色に染まります。

赤みがほどよく入った焦げ茶色のような感じで、白髪を染めたいけど明るくはしたくない方にピッタリの色です。

暗めに染まるので髪の光沢が増すように綺麗に仕上がるのも大きな魅力ですね。

 

ダークブラウンは、10分置いたときと30分置いたときの仕上がりはあまり変わりませんが、放置時間を長くしたほうが「色落ち・退色」がしにくく、色持ちがよくなります。

また、髪が太くて白髪が光っているような髪質の方は、10分でなく30分置いたほうがしっかり白髪染めできますよ。

利尻ヘアカラートリートメントのブラックとダークブラウンを比較してみた

利尻ヘアカラートリートメント ブラック

利尻ヘアカラートリートメント 写真でみると暗く見えるので彩度を上げたバージョン ダークブラウン

利尻ヘアカラートリートメントのブラックでも染めてみました。

上がブラック、下がダークブラウンで染めた毛束で、どちらも画像上の毛束が10分染め、下が30分染めになっています。

ダークブラウン自体はかなり暗く染まる色ですが、ブラックと比べると随分明るい印象を受けます。

利尻ヘアカラートリートメントのブラックは名前通り真っ黒になるので、「黒っぽくしたいけど地毛の黒髪がそれほど暗くない人」も、ダークブラウンを選んだほうが自然な仕上がりになりますよ。

ダークブラウンは白髪染め効果が高いのはもちろん、しっかり茶色味があって黒ではない濃いめのブラウンに染まります。

 

利尻ヘアカラートリートメント ナチュラルブラウン

利尻ヘアカラートリートメント ライトブラウン

他のブラウン系には2色ありますが、上画像のナチュラルブラウンは「黄み出やすい」のに対して、下画像のライトブラウンは「赤みが出やすい」のが特徴です。

ダークブラウンは赤み・黄みの出やすさといった偏りがなく、自然な焦げ茶色に染まるから使い勝手がいいのです。

 

利尻ヘアカラートリートメント 写真でみると暗く見えるので彩度を上げたバージョン ダークブラウン

利尻ヘアカラートリートメントはどの色もしっかり染まりますが、一番人気があるダークブラウンは「大人な落ち着きのあるヘアスタイル」を作ることに一役買ってくれます。

色彩が感じやすいナチュラルブラウン・ライトブラウンも綺麗ですが、利尻ヘアカラーは白髪だけを染めるヘアマニキュアタイプなので、黒髪との馴染みを考えて色を選びましょう。