【専門】利尻ヘアカラートリートメント全4色で染めた口コミ体験談!

【専門】利尻ヘアカラートリートメント全4色で染めた口コミ体験談!

利尻ヘアカラートリートメント 利尻カラーシャンプー 全色

白髪染めトリートメントで一番有名な利尻ヘアカラートリートメントを全色購入して、実際に染めてみた体験談ページです。

染まり具合が気になる方が多いと思いますが、4色どれも白髪染め効果が高くてびっくりしますよ。

染めた写真を見ながら染まり具合や色の比較ができるので、購入前の参考にしてもらえればと思います。

髪を潤わせながら手軽に白髪染めするなら、利尻ヘアカラートリートメントがオススメです♪

利尻ヘアカラートリートメントの写真付き口コミ体験談

人毛白髪 毛束 100%

利尻ヘアカラートリートメントで染めて染まり具合・色の比較がしやすいように、100%人毛の白髪毛束を使いました。

美容院の色見本(カラーチャート)に使われている毛束なので、色の違いが分かりやすいと思います。

 

利尻ヘアカラートリートメント 置き時間の差

※上に並んでいるのが10分間置いて染めたもので、下が30分間に放置時間を伸ばしたもの

利尻ヘアカラートリートメント全4色で毛束を染めました。

左からブラック・ダークブラウン・ナチュラルブラウン・ライトブラウンと並んでいます。

 

塗ってから流すまでの放置時間を長くすると、色が濃く入って暗く見えるようになります。

10分間・30分間と時間に違いはあるものの、1回染めただけでどちらも白髪には全く見えない仕上がりです。

置き時間が短くてもがっつり白髪が染まりますし、時間を伸ばすことで頑固な染まりにくい髪質でもグッと色が入ります。

また、利尻ヘアカラートリートメントで染めると髪にツヤが出て手触りがよくなるので、白髪染めとトリートメントが同時にできるのも嬉しいポイントです♪

 

利尻ヘアカラートリートメントは液の伸びがいいので簡単に塗れるので、色が気に入った方はぜひ試してみてください。

自分で染めても綺麗に仕上がる上に、髪が全く痛まないので驚きますよ^^

利尻ヘアカラートリートメントのブラック

利尻ヘアカラートリートメント ブラック

染まり具合や色味が分かりやすいように、1枚ずつ大きな写真で解説していきます。

これから出てくる画像は「上が10分・下が30分置いて染めた毛束」です。

 

利尻ヘアカラートリートメントのブラックは、青味が濃いのでしっかり暗い黒色に染まります。

地毛がかなり暗い日本人のアジアンブラックのような色です、ほか商品のブラックよりも黒っぽい黒なので、髪を真っ黒にしたい方にはピッタリですね。

白髪染めトリートメントのブラックは、ちゃんと青味が入りやすいかが重要なポイントで、青が少なくて黄が多い商品は「緑色」になってしまうことがあります。

Amazonなんかで売ってる有名じゃない市販品などは、何度も染めないと緑がかった黒になってしまうんです。

その点、利尻ヘアカラートリートメントのブラックは「1回の毛染めでしっかり色が入る」ので、緑色になることはまずありません。

これだけ黒色が濃い商品は他にないので、安心して黒染めとして使えるのが嬉しいですね^^

 

注意点としては、地毛が元々そこまで黒くない方が使用すると、元の髪色よりも全体が暗くなってしまう可能性があります。

地毛が明るめで茶色がかった人が使用するなら、置き時間を短くするか、下で紹介しているダークブラウンを使うようにしましょう。

利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウン

利尻ヘアカラートリートメント 写真でみると暗く見えるので彩度を上げたバージョン ダークブラウン

利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウンは、光に当たると茶色に見える焦げ茶色に染まります。

黒ほど暗くもなく、ほかの色ほど明るくないので、白髪隠しとしては一番ピッタリな色です。

元々暗めに染まるように作られているので白髪の染まりもよく、色落ちにも強いので綺麗な髪色が長く続きますよ^^

白髪染めトリートメントは黒髪はそのままで白髪だけを染める商品なので、ダークブラウン色は定番の人気色です。

染まった色が暗めの焦げ茶なら元の黒髪に馴染みやすいし、ツヤが出やすいので髪がキレイに見えますからね^^

利尻ヘアカラートリートメント ダークブラウン
【写真】利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウンで染めてみた!

利尻ヘアカラートリートメントのナチュラルブラウン

利尻ヘアカラートリートメント ナチュラルブラウン

利尻ヘアカラートリートメントのナチュラルブラウンは、赤みが抑えられた自然な茶色に染まります。

自然な明るさを出しやすい色なので「ちゃんと白髪が染まるのか心配…」という声も挙がりそうですが、たった10分の置き時間でも十分染まっています。

明るい色を出しながら白髪をきっちり染められるのは、改良が重ねられている利尻ヘアカラーだからこそだなぁと感じます。

また、ナチュラルブラウンでも置き時間を長くすると暗めに仕上がるので「心配症だから長く置いて染めたいけど暗くなりすぎるのは困る」という方でも安心の色ですね。

利尻ヘアカラートリートメント ナチュラルブラウン
利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウン・ナチュラルブラウン徹底比較!

利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウン

利尻ヘアカラートリートメント ライトブラウン

利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウンは、赤味が出やすいオレンジブラウンに染まる色です。

利尻の明るい色は「ナチュラルブラウン・ライトブラウン」の2色ですが、ナチュラルブラウンは黄色系だとしたらライトブラウンは完全に赤色系ですね。

赤が強いので他の色と比べると派手に見えますが、実際に頭髪に使ってみると「明るめで元気のある印象」を人に与えられる素敵な色になりますよ。

この色は色彩が鮮やかなので向き不向きがありますが、しっかりした色合いの髪色が好きならぜひ試してみてほしいですね^^

利尻ヘアカラートリートメントの色選び・おすすめ人気色

利尻ヘアカラートリートメント 全色 10分間染めた毛束

利尻ヘアカラートリートメント 全色 30分間染めた毛束

※上が10分染めで下が30分染め

※左からブラック・ダークブラウン・ナチュラルブラウン・ライトブラウン

利尻ヘアカラートリートメントの色選びは、

  • ブラック ⇒ 白髪を染めたいけど茶色にはしなくていいから真っ黒にしたい人
  • ダークブラウン ⇒ 白髪が染まりやすくて落ち着きのある色がいい人
  • ナチュラルブラウン ⇒ 明るさを保ちつつ自然な茶色にしたい人
  • ライトブラウン ⇒ 明るくて元気のある印象を人に与えたい人

このように自分がどんな髪色にしたいかで選ぶといいと思います。

利尻ヘアカラートリートメントは暗い色・明るい色のどれを選んでも白髪がしっかり染まるので、「明るい色だと染まりにくいかもしれない…」とあえて暗いカラーを選ぶ必要はありませんよ。

 

ちなみに、一番売れている&私がオススメするカラーは「ダークブラウン」です。

焦げ茶色に染まるので暗すぎず明るすぎずとちょうど良くて、なおかつ色落ちしても白髪が光りにくいので「染める間隔があいても”キレイ”」が保ちやすいからです。

利尻の色選びで迷ってしまう方は、ぜひ一度ダークブラウンで染めてみてください^^

利尻ヘアカラートリートメント 利尻カラーシャンプー 全色
【写真で選ぶ】利尻ヘアカラートリートメントのおすすめ人気色は?

利尻ヘアカラートリートメントと普通の白髪染めの違い

利尻ヘアカラートリートメントは「白髪染めトリートメント」という商品で、普通の白髪染めとは違う点がたくさんあります。

そんな「何が違って何がいいの?」を簡単に解説しました。

髪にダメージを与えずに白髪染めできて、染めるたびに髪が綺麗になる

通常のヘアカラー剤には「ジアミン・酸化剤・アルカリ」などが入っていて、染めるたびに髪が痛んでしまいます。

髪を脱色したり髪の表面をこじあけて中に色を入れるので、髪の栄養が流れてしまったり、薬品が髪に残ってダメージの原因となるのです。

利尻ヘアカラートリートメントは、ヘアカラーする際にダメージの元になる要因を全て排除してあるので、何度染めても髪が痛むことはありません。

髪の表面を開かなくても髪が染まるような染料を使ったり、黒髪を明るくしないのでメラニン色素を壊す薬品を使わなくていいためです。

また、利尻には髪を補修してくれる美容成分がたっぷり配合されています。

髪が痛む成分がなくてトリートメント成分が多いので、髪を染めるたびに髪が綺麗になっていくのです。

(黒髪を明るく茶色にはできないけど、髪にダメージを与えずに済む)

刺激物がないので頭皮が荒れる心配がない

利尻ヘアカラートリートメントには、肌荒れの原因になる刺激物は入っていません。

アレルギー性の強いジアミンや刺激のあるアルカリ剤が入っていないので、頭皮が荒れる心配がないのです。

 

通常のヘアカラーは1回の白髪染めで色持ちのいい髪色が手に入りますが、髪が痛んだり頭皮が荒れてしまうような刺激の強い化学薬品が使われています。

白髪が染まっても肌荒れしてしまっては使用を続けることはできません。

強いかゆみ・炎症が起こっているのに使い続けると取り返しのつかない症状が出る場合もあります。

自宅で簡単にセルフカラーできる

通常のヘアカラーは時間がかかり過ぎると「髪が痛む&メラニン色素が壊れ続ける」ので、手早く上手に塗る必要があります。

それに塗る量が均一じゃないと塗りムラになったり、染まりにくい後ろのほうから塗るといった順番も気にしなければいけません。

 

いっぽうで、利尻ヘアカラートリートメントは染色成分がヘアカラー剤とは全然違うので、均一に塗れなくても、時間がかかってしまっても仕上がりが汚くはなりません。

ゆっくり丁寧に塗ればちゃんとまんべんなく染まるので、焦る必要もなく簡単に白髪染めできます。

 

ドラッグストアなどで売っている市販品は、美容室で使われているヘアカラー剤とメカニズムは同じです。

だからこそ、自分で塗っても綺麗に染めることは大変難しくて、誰かに手伝ってもらわないと綺麗な仕上がりには到底なりません。

 

利尻ヘアカラートリートメントはシャンプーした後の濡れた髪に塗るだけで、白髪が綺麗に染まるという手軽さが売りです。

誰でも簡単に染められるからこそ、好きな日の好きな時間に白髪ケアができるのです。

ヘアカラーに失敗はつきものですが、利尻なら毎回満足いく仕上がりになるので気持ちがいいですよ^^

利尻ヘアカラートリートメントの最安値は公式サイトで楽天とAmazonは割高

利尻ヘアカラートリートメント 自然派clubサスティ 公式サイト

利尻ヘアカラートリートメントが一番安く買えるのは「公式サイト」です。

公式サイトだけ1本あたり1,000円割引になるキャンペーンが実施されているので、1本単品でも3本まとめ買いでも最安値は公式サイトになります。

楽天やAmazonのポイントが沢山あって消化したいとき以外は、公式サイトで買うほうが断然お得ですよ^^

また、楽天やAmazonでは「ナチュラルブラウン・ライトブラウン」が購入できない店が多いので注意が必要です。

 

【1本購入する場合】

購入店 価格 損する金額
公式サイト 2,700円
Amazon 2,975円 275円
楽天 3,000円 300円

【3本購入する場合】

購入店 価格 損する金額
公式サイト 6,480円
Amazon 8,925円 2,445円
楽天 9,000円 2,520円
利尻ヘアカラートリートメント 最安値 楽天 Amazon 公式
利尻ヘアカラートリートメント最安値は楽天?Amazon?公式?

利尻ヘアカラートリートメントの販売店と市販・通販での違い

利尻ヘアカラートリートメント 2本同時購入 送料無料

利尻ヘアカラートリートメントは全国のロフトや東急ハンズでも販売されています。

しかし、インターネット通販専用の公式サイトから購入すると、2本以上の同時購入で「送料無料&クイックコームプレゼント」と特典がついています。

また、1本からでも1,000円割引されるので、インターネットが使える方は公式サイトからネット通販で買うほうがお得ですね。

利尻ヘアカラートリートメントの使い方・染め方レビューとよく染まる使用方法

利尻ヘアカラートリートメントの正しい使い方・綺麗に染めるコツ

【利尻ヘアカラートリートメントの使い方】

  1. シャンプーした後に軽く水気を搾り取る
  2. 濡れた状態の髪に塗る
  3. 時間を置く
  4. 色のついた水が出なくなるまですすぐ(その後のシャンプーなし)

【綺麗に染めるコツ】

  • しっかり色を入れたいときは乾いた髪に塗る
  • カラー液がつきにくい根元中心に塗る
  • 髪全体に塗った後はクシやコームで梳かして馴染ませる
  • 放置時間を長くする(最大30分程度)
  • 時間を置くときはラップやヘアキャップで保温する

公式サイトには「濡れた髪に塗って10分置く」と書いてありますが、綺麗に染めるためには少し工夫すると仕上がりが綺麗になります。

乾いた髪に塗ると染まりがよくなったり、放置時間を長くすると色の入りがよくなります。

白髪をきっちり染めたいときは30分ほど時間を置くようにしたほうが、すぐに流してしまうよりグッと濃く染まりますよ。

 

また、カラー液が塗られていない箇所をなくすために、塗った後にコーミングして塗りムラをなくしましょう。

放置時間中にラップやヘアキャップで保温することも重要で、通常のヘアカラー同様に発色が綺麗になります。

ヘアカラー コーミング
利尻ヘアカラートリートメントはブラシ・コームを使って塗ったほうがいい!

利尻ヘアカラートリートメントの置き時間による染まり具合の違い

利尻ヘアカラートリートメント 置き時間の差

利尻ヘアカラートリートメントは放置時間によって染まり具合・色味に差がでます。

画像の上に並んでいるのは10分経った段階で流した毛束ですが、下の30分置いたものよりも明るさがありますよね。

左2色のブラックとダークブラウンは10分でも30分でもあまり違いはありませんが、右2色のナチュラルブラウンとライトブラウンは顕著に違いが現われています。

人によって染まりやすさに違いがあるので、「私が使うなら何分置いたらいいかなぁ」と工夫して使ってみてください。

染めてみて染まりが悪かったら時間を長くしたり、白髪がたくさん伸びているときは30分置いてみたりすると吉です^^

利尻ヘアカラートリートメントの使用量・時間・回数・染まり具合レビュー!

利尻ヘアカラートリートメントは濡れた髪と乾いた髪のどちらでも使える

利尻ヘアカラートリートメントは、濡れた髪と乾いた髪のどちらにでも使えます。

濡れた髪に使用すると「トリートメント成分が浸透しやすくなる」「使う量が少なく済む」というメリットがあります。

乾いた髪に使用すると「染まりがよくなる」というメリットがあります。

個人的には、購入してから最初の染めはじめ数回は「乾いた髪」に塗って白髪をきっちり染めて、白髪が一度しっかり染まってからは「濡れた髪」に塗ることをオススメします。

お風呂場でシャンプーした後に染めるほうが楽なので、最初だけ我慢して白髪染めして、次からは楽をしつつ髪を綺麗にしながら白髪ケアするといいですね^^

利尻ヘアカラートリートメントを乾いた髪・濡れた髪のどちらに塗るべきかパソコンで調べている女性
利尻ヘアカラートリートメントは濡れた髪・乾いた髪のどっちに塗るべき?

利尻ヘアカラートリートメントは毎日染めないで頻度を空けよう

染める頻度 間隔 カレンダー

利尻ヘアカラートリートメントは髪を痛めない成分で出来ているので、毎日塗っても特に問題はありません。

公式サイトにも「毎日使えます」と書いてあります。

しかし、白髪が伸びていない&色落ちしていない状態で塗ると、どんどん色を上から重ねることになり、髪色が暗くなってしまいます。

ある程度日をあけて染めるようにしたほうが暗すぎないキレイな髪色になるので、1週間ぐらいは間隔を空けるようにしましょう。

利尻ヘアカラートリートメントの汗などによる色落ちと色持ちについて

利尻ヘアカラートリートメントは多量の汗や紫外線・シャンプーなどの影響で、毎日少しずつ色が落ちていきます。

通常のヘアカラーやヘアマニキュアと同様に、色が全く落ちないようにすることは出来ません。

でも、染めた後にしっかりすすいでドライヤーで完全に乾かせば、服やマクラが汚れたりすることはないのでそこまで心配しなくても大丈夫ですよ。

ほかの白髪染めトリートメントと比べても色落ちは少ないほうなので、染めた後にちゃんとすすいだり、お風呂上がりはすぐ髪を乾かせば問題なしです。

 

また、利尻ヘアカラートリートメントは1~2週間に1回は使用するものなので、定期的に染め直すことで綺麗な色を維持できます。

「なるべく染め直さなくても色持ちがいいカラーがいい」という方は、ダークブラウンを選びましょう。

色落ち対策の裏技

利尻ヘアカラートリートメントで服汚れなどを防ぐ最大の裏技は「乾いた髪に染めてからシャンプーすること」です。

濡れた髪に塗った後にシャンプーするのは色が抜けやすいのでNGですが、乾いた髪に長時間置いて染めた場合は、その後でシャンプーしてもOKなのです。

利尻ヘアカラートリートメントで染めたけど汗をかいて色落ちしてしまう女性が最適な染める頻度
利尻ヘアカラートリートメントは汗で色落ちする?頻度は毎日?

利尻ヘアカラートリートメントの安全性

利尻ヘアカラートリートメントの安全性を教えてくれる女性

利尻ヘアカラートリートメントの安全性についてまとめました。

安全に白髪染めできる理由をポイント毎に解説します。

利尻ヘアカラートリートメントはかゆみの原因になる発がん性物質ジアミンなし!

ジアミンは発がん性物質で、アレルギー性の高い化学薬品です。

通常のヘアカラーや市販品にはジアミンが使われているため、強いかゆみを感じたり肌荒れが起きたりします。

ジアミンは濃い色を発色させられる便利な薬品ですが、危険性が高いため使用禁止とされている国もあります。

利尻ヘアカラートリートメントには、そんなヘアカラー最大のかゆみ原因である「ジアミン」が使われていないので、肌に負担をかけずに白髪染めができるのです。

利尻ヘアカラートリートメントに発がん性物質は含まれていない
利尻ヘアカラートリートメントに発がん性物質はある?アトピーに害は?

利尻ヘアカラートリートメントは抜け毛や薄毛の心配なし

通常のヘアカラーは科学薬品を使っているため、洗い流せずに残った成分が毛穴に詰まることで新陳代謝がうまくいかず、抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。

その点、利尻ヘアカラートリートメントは無添加処方で作られていて、肌に害のある有害物質は配合されていません。

抜け毛や薄毛を進行させる成分が使われておらず、肌に悪影響を与えないから安心して白髪染めできるようになっています。

利尻ヘアカラートリートメントは妊娠中・授乳中でも使える害のない白髪染め

授乳中 利尻ヘアカラートリートメント 赤ちゃん

利尻ヘアカラートリートメントは経皮毒性のあるパラフェニレンジアミンが使われていないので、赤ちゃんに悪影響を与えたり、母乳に化学薬品が溶け込んでしまう心配がありません。

 

通常のヘアカラーに含まれるジアミンは、皮膚を通じてカラダに吸収されてしまう特性があるため、妊娠中や授乳中の使用は控えるようにいわれています。

吸収された化学薬品が母乳に混ざってしまったり、吸収した成分は女性の場合だと子宮に溜まりやすいことが分かっているため、赤ちゃんに害があるからです。

 

ジアミンが使われていない利尻ヘアカラートリートメントなら、妊娠中や授乳中の女性でも、気兼ねなく白髪染めできます。

ヘアカラー全部が赤ちゃんに害があるわけではないので、状況によってカラー剤を使い分けるのもアリかなと思います。

授乳中 利尻ヘアカラートリートメント 赤ちゃん
利尻ヘアカラートリートメントは妊娠中・授乳中でも使える?赤ちゃんへの影響は?

アトピー肌・敏感肌で肌荒れが心配なら染める前にパッチテストを行おう

パッチテスト ヘアカラー

利尻ヘアカラートリートメントは通常のヘアカラーよりも格段に安全性の高い商品です。

けれど全く刺激がないわけではないので、アトピー肌や敏感肌で肌荒れが心配な方は、染める前に「パッチテスト」を行うようにしましょう。

事前にパッチテストをしておけば、利尻ヘアカラーでかゆみが出たり肌荒れしないかが分かります。

(パッチテストはアレルギー反応を見るための定番の方法)

【パッチテストの方法】

  • 手の内側などに薄く伸ばした利尻ヘアカラーを塗る
  • 上からばんそうこうを貼る(液が取れたり衣服が汚れるのを防ぐ)
  • 48時間待つ

利尻ヘアカラートリートメントのデメリット

利尻ヘアカラートリートメント 利尻カラーシャンプー 全色

ここまで利尻ヘアカラートリートメントのメリットを紹介していきましたが、何もデメリットが全くないわけではありません。

通常のヘアカラーと比べると、

  • 黒髪を明るくはできない(脱色作用がない)
  • 髪の内側に色をつけないので色落ちがある
  • 色の選択肢が少ない

といったいくつかのデメリットがあります。

髪や頭皮を痛めずに白髪染めするためには仕方のないことですが、完璧な白髪染めではありません。

 

また、同じような白髪染めトリートメント商品と比べると、

  • 商品の見た目がかっこ悪い(ちょっと古臭いような…)
  • 最後まで残ったトリートメントが出しにくい(ボトルタイプなので切りにくい)

といった短所があります。

白髪を染める力や髪を潤わせる美容成分は文句なしなのですが、見た目とか液の出しにくさは正直感じます。

 

一言でまとめると、利尻ヘアカラートリートメントは万能商品ではないけれど、髪や頭皮をいたわりながら白髪を染めるのには最適な白髪染め用品ということですね。

利尻ヘアカラートリートメントのよくある質問(Q&A)

利尻ヘアカラートリートメントについてよくある質問に答えてみました。

利尻ヘアカラートリートメントは短髪のメンズ・男性でも使える?

利尻ヘアカラートリートメントは男女兼用なので男性でも使えますよ。

それに他の白髪染めトリートメントよりも染料が濃いので、メンズ専用商品と同じかそれ以上にしっかり染まります。

男性が使う場合は「ブラック・ダークブラウン」といった暗めの色がオススメですね。

短髪だと生えてきた白髪がすぐ目立つので、1回の毛染めでしっかり染まる濃い色を選びましょう。

(髪が太い男性だとナチュラルブラウン・ライトブラウンは2~3回染める必要があるため)

利尻ヘアカラートリートメントは短髪の男性・メンズでも使える?

利尻ヘアカラートリートメントは若白髪がある子供・高校生の黒染めに使える?

若白髪 黒染め

利尻ヘアカラートリートメントには刺激の強い化学薬品は使用されていないので、大人より肌が弱い子供の方でも安全に使えます。

それに黒髪を明るくする脱色作用は入っていないので、髪が痛んだり明るくなることがないので安心ですよ。

ただしブラック以外の色で染めると白髪部分が茶色になって学校で怒られるので、黒染めとしてブラックを使うようにしましょう。

小学生だと自分で塗るのは難しいですが、中学生や高校生なら自宅で簡単にセルフカラーできます。

若白髪のある中高生には利尻ヘアカラートリートメントがおすすめ
利尻ヘアカラートリートメントは若白髪の子供・高校生に使える?黒染めには?

利尻ヘアカラートリートメントの匂いは?

利尻ヘアカラートリートメントには香料が一切使われていないので、何も匂いはありません。

ヘアカラー特有のツーンとくる匂いもなければ、フローラルな花のような匂いもないです。

ほかの白髪染めトリートメントは結構アロマ精油で匂いがある商品が多いので、無臭なのは好き嫌いがなくて使いやすいんじゃないでしょうか。

利尻ヘアカラートリートメントの染料は?

利尻ヘアカラートリートメントに入っている染料には「植物染料・塩基性染料・HC染料」の3種類があります。

通常のヘアカラーのように「酸化染料」は使われておらず、植物染料をメインとして、安全性の高い塩基性染料とHC染料がサブに使用されています。

入っている染料のうち植物染料と塩基性染料は、髪の表面にくっつくことで白髪が染まるものです。

粒子が大きいので髪の内部までは染まらないので、多少の色落ちがあります。

ただし、配合されているHC染料は粒子が細かいので髪のキューティクルの隙間から中に入ることができます。

髪の表面を2種類の染料で染めて、髪の内部をHC染料で染められるので、日が経っても退色しにくい作りになっています。

利尻ヘアカラートリートメントで染めると髪が緑色になる?

資生堂プリオール 緑色

利尻ヘアカラートリートメントのどの色で染めても、髪が緑色になることはありません。

私が試した白髪染めトリートメントの中では「資生堂プリオール」が緑色になりました。

少しずつ髪を染めるカラーコンディショナータイプの場合、何度も回数を重ねて染めることで色が入るので、染め始めの数回までは「青味+黄味」が入ってしまい緑っぽく見えることがあります。

利尻ヘアカラートリートメントは1回の白髪染めで濃く染まりますし、「青+赤+黄+茶」がバランスよく配合されているので、緑色に見えることはありませんでした。

利尻ヘアカラートリートメントは利尻昆布のぬめり成分が入っているだけで、何も昆布の緑色の色素が使われているわけではありません。

ボトルも緑色で昆布が入っていると思うと緑色になってしまう気になりますが、実際は緑色にはならないので安心してください。

昆布の成分が入っているからといって利尻ヘアカラートリートメントで染めても緑色にはならない
利尻ヘアカラートリートメントは緑色になる?結論と理由を徹底解説!

利尻ヘアカラートリートメントと利尻カラーシャンプーを比較してみた

利尻カラーシャンプー 全色 3回染めた毛束

利尻カラーシャンプー 全色 7回染めた毛束

利尻ヘアカラートリートメント 全色 10分間染めた毛束

※どの画像も左からブラック・ダークブラウン・ナチュラルブラウン・ライトブラウンの並び

利尻ヘアカラートリートメントと利尻カラーシャンプーを比較してみました。

 

  • 1枚目 ⇒ 利尻カラーシャンプーで3回染めた画像(置き時間0分)
  • 2枚目 ⇒ 利尻カラーシャンプーで7回染めた画像(置き時間0分)
  • 3枚目 ⇒ 利尻ヘアカラートリートメントで1回染めた画像(置き時間10分)

トリートメントタイプとシャンプータイプは、使い方と染まり具合に違いがあるだけで、他の成分は一緒です。

染めた毛束を見てみると、シャンプータイプで7回染めるよりも、トリートメントタイプで1回染めたほうが濃く染まっていますね。

白髪を染める力にかなり差があるので、「染めた瞬間に白髪隠しできるほうがいい」という方はトリートメントタイプを使用しましょう。

 

利尻カラーシャンプーは、毎日のシャンプー代わりに使っていると気づいたら白髪が染まっているという商品です。

わざわざ白髪染めのために時間を作りたくない人や、面倒くさがりの男性にオススメですね。

泡立ちがよくて少ない量で洗える&染められるので、髪が短い男性にはピッタリです。

 

反対に、トリートメントタイプは置き時間を作って美容成分を浸透させるので、髪のパサつきや広がりなどダメージが気になる女性にオススメです。

白髪を染める力で選ぶのもアリですが、髪の長さや染める手間などを考えるとピッタリの白髪染めが見つかりますよ^^